大佛次郎略年譜

 
Page: 1 2 3
 
西暦
和暦
年齢
おもな事柄
その他の出来事
1897
明30
 0歳
10月9日、横浜市英町10番地(現・中区)に野尻政助、ギンの三男二女の末子として誕生。本名野尻清彦 長兄正英(まさふさ)は英文学者・星の研究家として名高い野尻抱影
1904
明37
 7歳
横浜市太田尋常小学校入学、ひと月後に東京込区(現・新宿区)へ転居、筑土小学校へ転入 日露戦争開始
1910
明43
13歳
東京市白金小学校卒業、東京府立第一中学校入学 大逆事件。この頃、歴史への関心が芽生える
1915
大 4
18歳
府立一中卒業、第一高等学校仏法科入学 野球、水泳などに熱中するかたわら文学への興味を抱く
1916
大 5
19歳
習作『一高ロマンス』を連載(中学世界)、翌年東亜堂より単行本刊行  
1918
大 7
21歳
東京帝国大学法学部政治学科入学 第一次大戦終結。浪人会事件目撃、大正デモクラシーと出会う
1920
大 9
23歳
清野暢一郎らと「テアトル・デ・ビジュウ」を組織、演劇運動に参加 日本最初のメーデー(東京・上野)
1921
大10
24歳
原田酉子(登里とも表記)と結婚。東京帝大卒業。鎌倉高等女学校教師となる。ロマン・ロラン『先駆者』翻訳 原敬首相暗殺。東京から鎌倉へ移転
1922
大11
25歳
外務省条約局勤務(嘱託)。ロマン・ロラン『クルランボオ』翻訳。菅忠雄らと同人雑誌『潜在』刊行(4号まで継続) アインシュタイン来日、ブームに。週刊朝日、サンデー毎日創刊
1923
大12
26歳
関東大震災で被災。ジョオジ・ゴオグ「夜の恐怖」翻訳連載(新趣味→太陽) 雑誌『新趣味』(博文館)震災のため廃刊
1924
大13
27歳
初めて大佛次郎の筆名で『隼の源次』発表、鞍馬天狗の第一作「鬼面の老女」 いずれも『ポケット』(博文館)
1925
大14
28歳
鞍馬天狗、9〜10話(『ポケット』) 治安維持法。鞍馬天狗、初の映画化(日活、尾上松之助主演)
1926
大15
29歳
最初の新聞連載小説『照る日くもる日』執筆(大阪朝日新聞) 鎌倉材木座へ移転、両親と同居
1927
昭 2
30歳
鞍馬天狗「角兵衛獅子」(少年倶楽部)、『赤穂浪士』連載(東京日日新聞) 「角兵衛獅子」は少年向けに書かれたもの
1928
昭 3
31歳
『ごろつき船』連載(東京日日新聞、大阪毎日新聞) 共産党員大検挙(3・15事件)
1929
昭 4
32歳
『からす組』連載(国民新聞)、『由井正雪』連載(東京日日新聞、大阪毎日新聞) 世界恐慌。鎌倉雪の下の新居へ移る。11月、父政助没
1930
昭 5
33歳
『日蓮』連載(読売新聞)、『ドレフュス事件』連載(改造) 9月、久米正雄と満州旅行
1931
昭 6
34歳
初の現代小説『白い姉』連載(東京・大阪朝日新聞) 満州事変。この年よりホテル・ニューグランドへ仕事場を置く
1932
昭 7
35歳
『ふらんす人形』連載(時事新報) 満州国建国。5・15事件。直木三十五らと陸軍軍人と会談
1933
昭 8
36歳
横浜を舞台にした『霧笛』連載(東京・大阪朝日新聞) 久米正雄とともに「鎌倉ペンクラブ」を創設
1934
昭 9
37歳
『水戸黄門』連載(東京・大阪朝日新聞)、『鞍馬天狗・江戸日記』連載(新愛知) 『霧笛』映画化(新興映画、中野英治主演)
1935
昭10
38歳
『ブウランジェ将軍の悲劇』連載(改造) 第1回芥川賞、直木賞発表。直木賞選考委員となる
  Page: 1 2 3